失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

「ATCV-1」(バカウイルス)よりも歯周病対策を

とある米国の科学者が面白いウイルスを発見しました。
なんと「ヒトの頭を悪くしてしまう」かもしれないというウイルスで、「バカウイルス」という名称です。ご存知の方もいるかもしれません。

バカウイルスは「ATCV-1」と言われ、池や湖に生息する藻に含まれています。「ATCV-1」のデータを調べてみると92人のうち44パーセントにあたる割合で「ATCV-1」が人の体内に存在しました。

「ATCV-1」の感染者と、そうでない人との学力を調べる脳の認知テストを実施したところ、「ATCV-1」に非感染のグループは、平均で7~9ポイント感染者よりも上という結果が出たそうです。
ただし、100人に満たないデータですので、本当に頭を悪くしてしまっているのかどうかの判断は難しいのかもしれないですね。

お話は変わって、「歯周病」について少し紹介させていただきます。

歯周病はプラークと言われる歯垢、歯石に生息する歯周病菌が歯茎にダメージを与え炎症を起こす感染症です。歯周病菌は、歯の周辺組織を破壊していきます。

悪玉歯周病菌は、血液に混ざる特徴があり、体内に侵入して数時間~10時間程度生存するつよい生命力を持ちます。
血液に混ざった悪玉歯周病菌が、身体全体に巡ることで歯の周辺以外の臓器に関連する健康トラブルなどにつながるおそれもあるため、「ATCV-1」以上に注意をしておく必要があるのです。

歯周病のサインをいくつかご紹介します。
・リンゴをしっかりと噛めない
・歯茎の腫れを感じる
・歯茎にかゆみを感じる
・目が覚めると口内がネバつく
・ブラッシング時、出血する
・・・思い当たる症状はありませんか?

どうしても、日ごろのブラッシングのみでは、歯周病のリスクを完全に絶つことは難しいものです。
健康的な口内環境を考えるなら、定期的に歯科医院で検診を行うことをおすすめします。ぜひ、毎日のお口のケアを歯周病予防の視点からも意識してみてください。

 - 未分類