失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

「8020運動」について

健康な生活をずっと続けるために、ご自身の歯を健康な状態に保てるかどうかはとても重要です。
みなさんは「ハチマルにいまる運動」をご存知ですか?
80歳を迎えた時に、ご自身の歯が20本以上残っている状態を目指すことを「80・20運動」といいます。

ちなみに、最初にこの運動が始まったのが1989年で、厚生省、日本医師会が推進しました。
愛知県からスタートし、それが徐々に全国各地へと拡大していったのです。

日本歯科医師会は食事に必要な歯はすくなくとも20本という見解を出しています。
高齢になっても自身の健康な歯が20本以上あれば、楽しく食事をすることが出来、健康な生活をしていくことが出来るとして、80歳で20本を「8020運動」の目標としています。

全国に拡大していった「8020運動」ですが、難易度はかなり高いといえます。虫歯、歯周病といったリスクを超えて20本以上の天然歯を維持するのは自宅でのケアだけでは限界があります。

「8020運動」をクリアしていくためには、歯にトラブルが見つかってから歯科医に頼るのではなく、幼い頃からの虫歯予防を実践していくことが大切です。また、効率的なケアも習慣化させていく必要があります。

歯の健康に関心を持ち、歯の健康を維持しやすい生活習慣に切り替えられれば、虫歯・歯周病といったトラブルが起こっても、早期のうちに対処ができひどい状態になる前に治療することが出来ます。
効果的な予防が実践できるほどに高齢になっても歯を失うこと無く、健康的な生活が出来るのです。

この世に生まれた赤ちゃんが80歳に至るまで、多くの環境の変化が起こります。乳歯が生えて、永久歯へと生え変わって、やがて虫歯や歯周病の問題に遭遇し、、、さらには加齢とともに歯茎の衰えと多くの問題が訪れます。
こういった問題を最小限にして健康的な歯を維持するためにも歯のケアについて意識してみましょう。
日頃から歯の健康を心掛けることで、将来的に大きな差が生まれます。

 - 未分類 , ,