失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

知らないとコワイ!?ドライマウス

ドライアイに引き続き、現在「ドライマウス」に悩む人が急激に増加しています。
その人口は約800万人ともいわれていますが、自覚症状がない人を加えると、予備軍は約3,000万人にも上るともいわれています。

◆ドライマウスってどんな病気?
「口腔乾燥症」とも呼ばれ、さまざまな原因によって唾液の分泌量が低下し、口の中やのどが乾燥して痛みや不快感をともなう病気です。
舌の痛み、口臭、食べ物が飲み込みにくい(嚥下障害)、味覚障害などの症状のほか、口内炎や虫歯、歯周病などの原因にもなります。

◆ドライマウスの原因
その原因には、さまざまなものがあげられます。

・精神的な緊張やストレス
・降圧剤、抗うつ剤、鎮痛剤などの薬の副作用
・加齢による口の周囲の筋力の低下
・糖尿病、腎不全、更年期障害
・シェーグレン症候群

◆「シェーグレン症候群」とは?
シェーングレン症候群は、涙腺や唾液腺を侵されて、目や口の渇きや、唾液、涙が出ない、などの症状をもたらす「自己免疫疾患」のひとつです。

その原因は解明されていませんが、40~60代の女性に多くみられます。そのため、遺伝や環境、免疫異常、女性ホルモンなどが関係しているのではないかといわれています。

◇「自己免疫疾患」とは?
身体には、外部から侵入したウィルスや細菌などを「異物」と認識して、排除しようとする機能が備わっています。これを「免疫」と呼んでいます。
この機能に異常をきたすと、敵と味方の区別がつかなくなり、自分自身を攻撃してしまうことがあります。これを「自己免疫疾患」といいます。

◆ドライマウスのケア
ドライマウスの初期症状は、口の粘つきや、水分の少ない物が食べにくい(飲み込みづらい)といったものです。こんな症状が見みられたら、日常生活の中でケアしていくことが大切ですね。

◇唾液の分泌促進マッサージ
①うがいをして、口の中を湿らせます。
②市販の保湿ジェルを、人差指か中指につけます。
③頬の内側を、ジェルがついた指でゆっくりと10回ほどマッサージします。この時、空いている手は、頬の外側を軽くプッシュします。
④反対側も同じようにしてマッサージします。

◇口の中を清潔に保ち、うるおいを与える
虫歯にならないように、キシリトール配合やシュガーレスのガムを噛んだり、保湿成分配合のマウスウォッシュを活用しましょう。

◇よく噛んで食べる
噛みごたえのある食べ物を、しっかり噛んで食べるよう心がけましょう。また、レモンや梅干しなどは、見るだけでもだ液が出ます。

◇ストレスをためない
精神的な緊張は、だ液の分泌量を減らしてしまいます。リラックス効果のあるアイテムをうまく活用して緊張を解きほぐし、ウォーキングなどの適度な運動でリフレッシュしましょう。

◇飲酒と喫煙
喫煙や過度の飲酒も、だ液の分泌量を減少させます。毎日の生活習慣を見直すことも大切です。

◇マスクを活用する
就寝時には、室内の湿度に注意してマスクをつけて休みましょう。とくに高齢の方は、口周りの筋力が低下しているので、日中もマスクを着用して、乾燥を防ぐのも効果的です。

ドライマウスかな?と思ったら、どうか早めに受診してくださいね。

 - 未分類