失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

赤ちゃんのための歯のブラッシングケア

ヒトは、離乳食を食べ始める頃には歯が生えるタイミングが訪れます。
通常は、前歯の下側から生えてくるケースが殆どのようですが、
上から生えはじめるパターンも少ないですが存在します。

歯が生え始める頃の赤ちゃんの口内は唾液生成も活発のため雑菌の繁殖が抑えられます。
そのため、虫歯リスクを心配する必要はありませんが、早期にブラシを利用したケアを実践しておくことを考えてみてください。

歯ブラシを用いたブラッシングを習慣化させるのではなく、歯ブラシという異物に赤ちゃんが慣れておく、という意味で早めに使用しておくべきなのです。

赤ちゃんの場合、食べ物とは異なる何かが口に入ると、とても不安になります。
歯ブラシを口に入れることに慣れておくことでその後の歯のケアがしやすくなるため、ブラシの使用を心がけて頂きたいということです。

歯が生えはじめ、歯磨きを嫌がらないように、親子のコミュニケーションとしてブラッシングをしていきましょう。その際、赤ちゃんへのストレスが減る工夫を心がけてみてください。

パパさん、ママさんが力を入れすぎて、ブラッシングで赤ちゃんを抑えてしまうと、その後のケアの難易度が大きくなってしまうため、赤ちゃんの機嫌をみながらブラッシングをしていくことが重要です。

毎食後にブラッシングをしていくのが好ましいのですが、難しい場合は、1日1回ペース、夕食後にケアするといった頻度で大丈夫です。
歯磨き粉は無しでもOKですが、気になる場合は、赤ちゃん専用のブラッシングジェルが販売されているので手元に置いておいても良いかもしれません。

奥歯の生える時期が来たら、特にブラッシングをマメに行ってください。前歯の下、裏側は唾液が分泌される箇所のため、虫歯リスクが抑えられるのですが、奥歯は虫歯菌が繁殖しやすい場所のため、丁寧にケアして頂きたいと思います。

また、上側の前歯ウラは虫歯になりやすいため、ブラッシングの際は奥歯と一緒にきちんと歯垢が除去できているのかを確認しておきましょう。

使用するブラシについては、毛先が柔らかく、サイズが短めの安全性のあるタイプを選択してみてください。

 - 未分類 , ,