失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

歯の神経 その役割と働き

むし歯が悪化すると「悪いところだけ削って詰め物をする」という、簡単な治療では済まなくなってしまいます。
痛みに対処するためにも、残念ながら神経を抜いてしまわなければなりません。

◆そもそも歯の神経って?
歯の痛みを感知しているのは、象牙質の下にある「歯髄」と呼ばれる部分にあたります。歯髄の中には、神経組織や無数の毛細血管が存在しています。
「神経を抜く」というのは、この歯髄の中心部分を除去することをいいます。

「な~んだ、それさえ取ってしまえば痛くなくなって問題解決じゃない」

こんなふうに考える方も多いと思いますが、実はそうではありません。
神経がなくなることで、こんな問題も生じてくるのです。

◆神経を抜いてしまうと?
神経がなくなると、さまざまな不具合が生じてしまいます。

※歯に酸素や栄養が行きわたらず、歯が脆く割れやすくなり、寿命が縮んでしまいます。
※新陳代謝がおこなえず、徐々に黒褐色に変色してしまいます。
※痛みを感じないため、再度むし歯(二次カリエス)になりやすくなります。

◆歯髄の役割
歯髄には、どんな役割があるのでしょうか。

※末梢の動脈と静脈、リンパ管があり、歯に栄養や酸素を供給しています。
※虫歯菌の侵入を防いでくれます。
※歯髄腔内の神経が、痛みなどの、さまざまな刺激を脳に伝達しています。
※噛み合わせに対応して、自然に歯がすり減るよう機能しています。
※象牙質を形成しています。
※炎症などの刺激に対する防御反応をもっています。

このことからも分かるように、神経はなるべく抜かない方がベストなのです

しかし、そうは言っても激しい痛みがあったり、歯根のところから膿が出ているような場合には、神経を抜いて治療するしかありません。

ところが、神経を抜いても、後で痛みが生じる場合があります。
治療による一時的なものや炎症、神経の一部が残ってしまうことなどが考えられます。一時的に生じる痛みは心配ありませんが、炎症や、感染部分の取り残しによる痛みの場合は、根管治療を行わなくてはなりません。

このように神経を抜く治療には、さまざまなリスクが懸念されるのです。

こうなる前に「むし歯かな?」と思ったら、早めに治療するのが一番です。
普段から、きちんとケアしていきたいものですね。

 - 未分類 , ,