失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

根管治療が必要な状態とは

虫歯は、まだ軽い状態だと、虫歯になっている部分だけを削って詰め物をするだけで済みますが、悪化すると歯髄まで進行してしまいます。
そうなると、歯髄を取り除く根管治療が必要になってきます。
虫歯の進行状態でいうとC3以上の場合、根管治療が必要です。
もし、根管治療をしなければ、細菌に冒され歯を抜歯しなくてはなりませんから、歯を残すためにも、根管治療は必須です。

根管治療には、抜髄処置と感染根管処置の2種類があります。

抜髄処置は、歯の神経、血管、細胞など、歯髄の全てを取り除く治療です。
歯髄があれば、免疫機能も働き、細菌が繁殖する事もありませんが、歯髄を取り除くと免疫力がなくなってしまうため、そのまま放っておくと細菌が繁殖します。
そうならないように、歯髄を取り除いた後は、色々な器具を使いながら内側をきれいにして細菌の繁殖を予防する必要があります。
虫歯が進行すると、このような抜髄処置は必須となってきます。

感染根管処置は、根管内の汚染物質を取り除く処置です。
歯髄の細菌感染によって歯根膜や歯槽骨に炎症性変化が及び、病巣ができてしまいますが、この病巣を針のような器具で除去して、歯槽骨を再生していく処置が感染根管処置です。
根管治療が必要なケースとしては、何もしていないのに歯が痛む、冷たいものや熱いものを口に入れると痛みが出るという自覚症状がある場合です。
こうした自覚症状は、虫歯が神経の方まで及んできている時に現れますから、根管治療が必要になってきます。

また、重度の歯周病や知覚過症、外傷による歯髄の壊死、被せ物の隙間などから根の先の方まで細菌に冒され骨に炎症を起こしているような場合にも、歯茎が腫れたり、噛むと違和感や痛みがあるなどの症状が現れます。
この場合にも根管治療が必要になってきます。根管治療がちゃんとされていないと、せっかく被せ物をしても痛みが出て、再治療が必要になりますし、最終的に歯を失ってしまう事もあります。
歯を少しでも長持ちさせるためには、丁寧な根管治療が必要です。

 - 未分類 , ,