失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

いびきでおこるお口のトラブル

日本人は、顎が小さくて気道が狭いという、いびきをかきやすい骨格をしているそうです。
そのため、他の国の人に比べて、いびきをかく人が多いようです。

いびきは、他の人に迷惑をかけるだけではなく、本人にとっても深い眠りを妨げ、体に大きな負担をかけてしまいます。
また、いびきはお口のトラブルにも繋がります。

今回は、いびきによってどんなお口のトラブルが引き起こされるのかを見ていきます。
いびきをするということは、口で呼吸をしているということです。
口で呼吸をしていると、口の中はカラカラに乾燥してしまいますから、細菌が繁殖しやすい状態になっています。
細菌が繁殖するとどうなるかというと、虫歯や歯周病、舌炎を引き起こしたり、強い口臭が発生してしまいます。舌炎の場合は味覚の低下の原因になる事もあります。

さらに、口を開けて寝ていると口の周りの筋肉や頬の筋肉などにも異常をきたし、歯並びにも悪影響を及ぼします。

いびきは、睡眠時無呼吸症候群を引き起こす事で知られていますが、そうした体への負担だけではなく、このように口内にも大きなトラブルを招いてしまいます。
毎晩いびきをしていると、口の中でも様々なトラブルが起こり、どれだけ歯をケアしていても、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

毎日いびきをしている人は、いびきをする原因をまず探る事が大切です。
顎が小さくていびきをしているなら、矯正歯科や耳鼻科の先生に相談してみましょう。そして、歯医者さんでも口や舌の状態を診てもらい、いびきのケアと同時に口内ケアの意識も高めていきましょう。

いびきによって口臭が強くなり、家族や恋人に嫌われてしまう場合もあります。
そんな取り返しのつかない事態に陥らないうちに、早めにお医者さんに相談していびきの原因を探り、自分に合ったいびき治療を行いましょう。

いびきが改善すれば、体への負担も減りますし、口臭や虫歯、歯周病など口内のトラブルも予防できるようになります。

 - 未分類 ,