失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

唾液の持つ機能について

唾液には多くの役立つ機能があります。
それは口内を健康に保つために重要なものなので、ここで少し記そうと思います。

◆自浄作用

唾液には口内の殺菌作用がありますので、口内を清潔に保つことが出来ます。
唾液の分泌量が減ってしまうと菌が繁殖しやすくなるため、口臭がおきたり虫歯リスクが高くなったりします。

◆中和作用

食事をすることで口内は中性から酸性に傾きます。
酸性になると虫歯リスクが高くなるのですが、唾液には酸性を元の中性に戻す働きがあるのです。

◆再石灰化

虫歯菌などで歯のカルシウム、ミネラルが溶けかかってしまっても、唾液に存在する成分が補助しなおしてくれます。
もちろん、あまりに溶け方が大きいと虫歯として治療しなくてはいけなくなるのですが、唾液には日々のケアをする機能があるのです。
そのため、唾液の分泌量が低下するとごく初期の自然治癒が出来なくなるため、虫歯リスクが高くなります。

◆口内の潤い

唾液には潤滑と湿潤の作用があります。
食事、会話などでも口内が傷つかないのは唾液があるからなのです。

◆消化促進

唾液には消化酵素のアミラーゼが含まれているため、糖の分解を補助してくれます。

◆食べ物を飲み込みやすくする

唾液が存在することで、食事の時に食べたものを飲み込みやすくなります。

◆味覚維持

何かを食べて苦さ、甘さ、酸っぱさ、旨味などを感じられるのは唾液の働きがあるからです。
食べたものの味は唾液に溶け、それが舌の味覚を感じる場所へと届けられているのです。
ですから、唾液の分泌がなくなると口内がかわいてしまい、それによって舌が擦れて炎症を起こし、舌の味覚を感じる機能が駄目になってしまう可能性があるため、味覚障害になることがあります。

◆健康維持

唾液にはリゾチームという抗菌作用を持つ酵素が含まれているため、健康を守ることが出来るのです。

唾液には、このような色々の機能があるため、唾液量が減るということは口内トラブルの元になるだけでなく、身体にも悪影響を与えてしまうことがあるのです。

 - 未分類 ,