失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

さらさら唾液とネバネバ唾液の違いって?

人間の唾液には、サラサラ唾液とネバネバ唾液の2種類があります。
サラサラ唾液というのは、粘性が少なく飲み込みやすい唾液のこと。
ネバネバ唾液というのは、粘性があって口臭の原因にもなる唾液のことです。

サラサラ唾液は主に耳下腺から分泌され、口の中を洗浄する自浄作用や、食べ物を飲み込みやすくする作用があります。サラサラ唾液には消化酵素が含まれているので、口の中を中性に保ちながら消化活動の一端を担います。

サラサラ唾液は主に心身がリラックスした状態で分泌されます。
一人でゆっくりくつろいでいる時や、食事中、入浴中など、心が「リラックスできている」と感じた時は、口の中もとても清潔なのです。
逆に言えば、このサラサラ唾液がしっかり分泌されている状態こそがもっとも理想的。自浄作用がはたらいて、口腔内にいる大量の細菌の活動を抑制し、口臭が出にくくなります。

ネバネバ唾液は、サラサラ唾液とは真逆の存在です。
リラックスできている状態とは反対に、たとえば緊張・イライラ・ストレスなどを感じたり、加齢によっても多く分泌されます。
ネバネバ唾液は舌下腺や顎下線から分泌されますが、納豆などに含まれているネバネバ成分「ムチン」を多く含んでいます。

このネバネバ成分には、口の中の粘膜を守ったり保湿する役割があり、また細菌が体内に侵入する前に絡め取るといった大事な役目もあります。

ネバネバすること自体「悪」と思われがちですが、実はそんなことはないんですね。もし口の中がネバネバしてきたら、体の自浄作用が効きにくい状態にあると言えます。

私たち人間というのは、いつも緊張しっぱなしというわけではありません。
副交感神経のはたらきによって、体は「リラックスモード」で過ごせるようになっています。

逆に言うと、ネバネバ唾液しか出てこない場合は緊張しているか、加齢によるものか、何らかの原因があると言えます。
もし唾液がサラサラしていないと感じたら、緊張状態を解いてリラックスを心がけてみると良いですよ。

 - 未分類 ,