失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

歯間ブラシで清潔な口内を

一度なってしまうと厄介なのが虫歯です。
その虫歯の主な原因といえば、歯垢ですね。別名・プラークとも呼ばれます。虫歯予防のためにも、毎日のブラッシングは欠かせません。

今回は、ブラッシングに使用する歯ブラシについての説明をしていきます。

ブラッシングは大切!、とは言っても、歯の隙間に入った歯垢をブラシで除去するのは難しいものです。
そのため、歯ブラシ以外の「歯間ブラシ」がオススメです。
歯の隙間に残るしつこい歯垢もしっかりと除去してくれます。
そんな歯間ブラシについては、選択する際にちょっとしたコツがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

●サイズ

歯間ブラシを使用する前に、まずはどのようなタイプを選べばいいのか、を知っておく必要があります。
サイズ、歯垢を除去する上でとても大きな差を生みます。
理想的な大きさとしては、歯の隙間にうまく入ること、ブラッシングする場合に口内がストレスを感じないこと、
といった点を踏まえて選択すると良いでしょう。

●使用法

歯間ブラシを歯によって使い分けするといった工夫も大切です。
L字タイプは奥歯の歯垢除去に適していますし、目に見えやすい箇所ならI字が便利です。
使い方としては、歯間ブラシ先の斜め上を向けつつ、歯と歯の間に入れていきましょう。
歯間ブラシを水平状態から歯・歯茎の境界線に沿いつつ歯垢を取っていきます。
内側も同様に丁寧にこすります。

持ち方としては、ペンを持つようにするとスムーズに動かしやすくなります。
歯間ブラシを使用する上で注意しておくべきは、強引に口の中に入れないようにすることや、
力みすぎて歯茎にダメージを与えないようにすること、です。
歯並びにトラブルが多い人ほど歯垢が溜まりやすい傾向にあります。
そのため、多少時間が掛かりますが、丁寧に歯垢除去を行うように心がけてください。

歯間ブラシは、ブラッシングの合間にマメに水で洗い、歯垢を口内に残しにくくしておくことも忘れず行いましょう。
しばらく使用して歯間ブラシの毛先がバラついてきた場合は、新品に交換し、歯茎へ負担をかけない配慮も大切です。

歯間ブラシは歯ブラシよりも細かな歯垢除去に適しているのが特徴です。
通常の歯ブラシでは、7割にも満たない歯垢除去率ですが、歯間ブラシとの併用により、歯垢の約90パーセントを除去できるのが大きなメリットです。

歯間ブラシを使うことでより清潔な口腔ケアが可能となります。
ぜひ使ってみてください。

 - 未分類 , , ,