失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

歯を白くする食べ物について知ろう!

真っ白できれいな歯は、笑った時にとても健康的でさわやかな印象を与えますよね。

健康な歯でもどうしても黄ばみがちになることから、真っ白でキレイな歯になりたい方は結構多いのではないかと思います。
そこで、歯を白くするいくつかの食べ物をご紹介しましょう。

○乳製品

歯を強くして丈夫にしてくれる菌を作ってくれます。
歯にダメージを与える酸化から守ってくれると同時に、カルシウムやたんぱく質も含んでいますので、歯や骨の健康維持の効果が期待できます。

○パイナップル&オレンジ

ステインを除去してプラークの付着を抑制するプロメラインという酵素が含まれており、プラークコントロールを容易にしてくれます。

○にんじん・セロリ・リンゴ

プラークを落として歯の表面をツルツルにするだけでなく、咀嚼を促し口腔内を清潔な状態に保ってくれます。

○イチゴ

ステインを除去してくれるマリック酸を豊富に含んでいます。
歯の汚れをきれいに落としたいときはイチゴを潰して直接歯に塗り、その後しばらくして歯磨きすることにより効果的に落とすことができます。

○ごま

プラークを効果的に落としてくれます。
また、ごまに含まれるカルシウムやビタミンEをはじめとする各種ビタミンが、歯を健康に保ってくれます。

○ブロッコリー

歯を酸から守ってくれる鉄分が豊富で、歯を膜でコーテイィグしてくれます。

こうした食べ物を普段から意識して食べるようにすると良いですね。
しかしながら、こうした食品は自然食品であることから急に歯が白くなるような効果は望めません。あくまでも時間をかけて歯の健康を維持しながら、徐々に歯を白くするための補助的な手段であると思っていたほうが良いでしょう。
つまり、ホワイトニングほどの即効性は期待できないということですね。

しかし、こういった食品は歯の健康には欠かせない無理のない自然な効果が期待できますので、できるだけ食べるようにしましょう。

今度は逆に、歯の汚れを招いてしまう食品も少し記しておきます。
飲み物で言えば、ワイン、コーヒー、紅茶、コーラ、酸性の強いスポーツドリンクなどは要注意です。また、ケチャップも酸性が強いので注意したほうが良いでしょう。

普段から少しだけ意識して食べるものを選ぶことでも歯の白さを保つことができます。
歯の白さを保ちたい方は、いつもの食べているものを少し見直してみてもいいかもしれませんね。

 - 未分類 ,