失敗しない歯科医院の選び方

~おすすめ&評判の歯医者は、この条件で探す~

*

健康な口内であることの条件について

日本人は今でも、虫歯や歯周病は予防するものではなく治療するものと考えてしまいがちです。
しかし、トラブルが起こるたびに治療出来たとしても、理由を何とかしなければまた治療するという繰り返しになってしまいます。
虫歯や歯周病のリスクを上げているのは口内環境の悪さですから、健康な口内にしておくことが重要になります。
ここでは、健康な口内環境の条件について少し記そうと思います。

◆唾液が正常であり、分泌量も低下していない。

食事によって人の口内は中性から酸性に傾いてしまいます。
この状態が長く続くことは口内にとって良くありません。
唾液には口内の自浄作用の他にも、この酸性を中和する能力があります。
更に、カルシウム、リンといった歯の成分と同じものも唾液には含まれていますので、虫歯菌が歯を溶かしてしまったとしても、ある程度ならエナメル質を補助し、虫歯を予防することが出来ます。
ただし、基本的に虫歯を治療する効果は唾液にありませんので、それは注意が必要です。
ちなみに、口内の細菌をゼロにすることは出来ませんし、細菌のバランスさえとれていれば問題ありません。
しかし、唾液が減るとバランスが崩れてしまいますので注意が必要です。

◆歯のケアをおろそかにしない。

毎日の歯磨きといった歯のケアは重要です。
歯磨きをおろそかにすると歯垢が歯に付着してしまい、そこに潜む菌が虫歯や歯周病を発生させてしまうのです。
歯間ブラシなども併用すると、もっとケア効果が上がるのでお勧めです。
特に、菌は就寝中に増殖しますから起床時と就寝前の歯磨きは忘れないようにした方がいいでしょう。
また、セルフケアだけでは綺麗に出来ないため、定期的に歯科医へ行ってクリーニングと歯の検診を受けるようにすることをお勧めします。

◆生活習慣に気をつける。

運動不足、不規則な生活、不眠、ストレスといったことも口内環境を悪くします。
歯周病を悪化させることにもなりますので、口内を健康に保つためには先ず生活習慣を見直しましょう。

 - 未分類 ,